FC2ブログ

Lunguage Plaza 外国語語順訳散策

散策路三本:①露語国際時事ニュース見出し ②倭人伝語順読法─女王国への道;③江戸東京街道散策路

2018年5月15日ロシアメディア国際関係フラッシュニュース

2018年5月15日ロシアメディア国際関係フラッシュニュース
参考訳⇒http://zacfc2.blog20.fc2.com/blog-entry-9340.html
│ ↓↓↓ 完全語順訳テキスト(マクロ使用)↓↓↓
│⇒http://zacfc2.blog20.fc2.com/blog-entry-9339.html
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アフガニスタン軍:
ファラフ市にたいするタリバンの攻撃にたいし反撃。
15:53(mst)

サウジアラビアは、エルサレムへの米大使館の移転を認めていない。
15:47(mst)

米国は、中東で自らを信用失墜させている。(コサチョフ)
15:46(mst)

パリ:
クリミアにおけるフランス使節団の活動は個人的なものであると指摘。
15:42(mst)

英議会:
使い捨ての食器や器具は拒否。
15:34(mst)

アフガニタン当局:
タリバンを撃退させるためファラフに特殊部隊を派遣。
15:30(mst)

パレスチナ民族評議会:
イスラエルの承認を撤回するようアッバス議長に指示。
15:13(mst)

ネエタニヤフ首相:
エルドアン大統領にたいし、イスラエルに「道徳を説かないよう」アドバイス。
15:10(mst)

デンマーク:
サイバーセキュリティに対する新戦略を策定。
15:09(mst)

アルメニア首相:
プーチン大統領との会見は、極めて効果的であったと指摘。
15:05(mst)

パレスチナ:
ロシアの仲介の下でイスラエルと交渉を行う用意。
14:56(mst)

アルメニア首相:
議会が、政府のプログラムを承認することを期待。
14:51(mst)

マスコミ;パレスチナ指導者は入院したと報道。
14:47(mst)

ロシアは、イランとの関係発展を継続へ。(リャブコフ)
14:43(mst)

スロバキア大統領:
選挙に再出馬する意向はないと表明。
14:42(mst)

英外相:
ロシアと対話を維持してゆくことは不可欠であると表明。
14:42(mst)

英国は、イラク国内の政治体制の差し替えを望んでいない。(ジョンソン外相)
14:38(mst)

ザリフ外相:
ロシアおよび中國における自らの協議内容についてモゲレニにたいし伝える。
14:38(mst)

米国は、自らの行動でイスラエルの安全を破綻させている。(パレスチナ)
14:34(mst)

パリ:
米国の包括的共同作業計画からの離脱後も自国国益の遵守を継続してゆく意向。
14:25(mst)

ラブロフ外相:
対イラン核合意参加国にたいし米国の圧力がかかっていると述べる。
12:41(mst)

ラブロフ外相:
ウクライナ・ノーボスチ通信にたいするウクライナ保安庁の行為は、受け入れられないと指摘。
12:39(mst)

キエフは、不都合なジャーナリストにたいし開戦を布告した。(クリンツェビッチ)
12:30(mst)

フランス:
チェチェン団体の代表六人を拘束。(マスコミ)
12:27(mst)

リャブコフ:
核合意からイラン離脱の可能性を否定せず。
12:17(mst)

ペスコフ:
ウクライナRIA通信に対するウクライナ保安庁の行動は、とんでもない行為であると指摘。
12:01(mst)

ウクライナ保安庁:
ウクライナRIA通信社事務所にかんする状況の詳細について語る。
11:52(mst)

インド東部で、12人選挙実施時に死亡。
11:51(mst)

ロシア:
包括的共同作業計画から米国の離脱を受けた、中東における緊張の増大は、望まず。
11:51(mst)

ロシア外務省:
イラン核合意に関するロシアの立場について言及。
11:46(mst)

ロシア外務省:
米国抜きで、対イラン合意の推進に関する協議に入る用意できていると表明。
11:45(mst)

イラン・プログラムを巡る緊張の度合いは、大きくなっている。(リャブコフ)
11:43(mst)

ロシア外務省:
イラン核合意の見直しに反対すると主張。
11:43(mst)

モスクワ:
包括的共同作業計画に関する決定を見直しすることはないと米国は、見ている。
11:33(mst)

イラン:
ガザ地区のパレスチナ人に対するイスラエルの行動について国際刑事裁判所に調査を求める。
11:15(mst)

イラク・ロビン・フッドの復帰:
イラク選挙でシーア派指導者勝利。
11:14(mst)

プーチンとマクロン:
米国のイラク合意離脱後の情勢について協議。
11:10(mst)

ネタニヤフ:
通訳のミスによりユーロビジョンの勝利者にたいし「侮辱発言」。
11:07(mst)

イスタンブール:
「イスラム国」武装勢力と推定される50人以上を拘束。
11:06(mst)

クリミア当局:
ウクライナ国内の「パトロール警察」の創設を幼稚園と対比。
10:44(mst)

「国境なき医師団」:
ガザ地区の抗議者の死亡事件は非人間的行為と指摘。
10:31(mst)

韓国:
係争中の島「独島」に言及した日本にたいし抗議を表明。
10:28(mst)

ベルギー:
エルサレムの米大使館に関しEU内における立場の不一致を認める。
10:25(mst)

ガザで死亡したパレスチナ人の数は、59人にのぼっている。
10:24(mst)

中國:
ガザ地区における事件にたいし両当事者の抑制を求める。
10:23(mst)

消息筋:
ガザ地区の情勢に関するエルドアンとアッバスの対談について語る。
10:20(mst)

ベルギー:
国連にガザ地区における暴力事件について調査を求める。
10:16(mst)

パレスチナ:
米大使館のエルサレムへの移転を批判。
09:47(mst)

ロシアとインド:
軍事技術協力分野における米制裁の回避にたいし取り組みへ。(マスコミ)
09:45(mst)

タリバン:
アフガンのファーラフ州で政府軍を攻撃。
09:41(mst)

トランプ大統領:
手術後の妻の経過について語る。
09:31(mst)

クリムキン:
ロシアで開催されるWC-2018に参加しないよう「すべてのウクライナ人」に求める。
09:28(mst)

ホワイトハウス:
人事異動の予定について発表。
08:43(mst)

日本:
改良型F-35戦闘機七機を米国から購入すると発表。
08:40(mst)

ガザ医師団:
抗議時のガス中毒のために容疑が死亡したと発表。
08:39(mst)

米国:
ウクライナ国内の無料診療制度を廃止。(国務省文書)
08:00(mst)

タジクスタンとウズベキスタン:
25年間の中断を受けて、バスの運行を再開。
07:03(mst)

ドイツ:
賢明な人々は、ロシアとの紛争を望んでいない。(ドイツ自由党党首)
07:02(mst)

日本:
ガザ地区の衝突事件を受けて、両当事者の抑制を求める。
06:25(mst)

韓国:
高官レベル協議に関する北朝鮮の提案を受け入れ。
05:52(mst)

北朝鮮:
プフンゲリ核発射場の破壊を開始。(マスコミ)
05:26(mst)

エキスパート:
行方不明になっているマレーシャ・ボーイングの飛行ルートに奇妙な点があると説明。
04:45(mst)

トランプ大統領:
「どうせ死ぬマッケイン」発言騒動にたいし、ホワイトハウス内で漏洩した本人を見つけ出すことを約束。
04:06(mst)

トランプ大統領:
ヘリコプターおよびリムジンを使って、メラニア夫人の入っている病院に到着。
03:37(mst)

ガザで死亡したパレスチナ人の数は、59人にのぼっている。
03:37(mst)

ロシア:
アフガニスタンに戻る。
ロシアは、アフガニスタンに戻っている。
NATOは、ロシアからタリバンに武器の引き渡しが行われていることを確認している。
ジョン・ニコルソン・ジュニア米将軍は、ロシアは、アフガニスタン北部で自らの影響力を固めるために破壊活動を展開していると見ている。
しかし、一般市民は疲弊しているため、40年にわたる戦争でタリバン支配下でも、彼らにとってはイスラム主義やテロがあっても、少しはよくなっていると思われている。
NRK、ノルウェー

米特別検察官:
証言を求めるため元国会議員を呼び出し。(マスコミ)
02:21(mst)

トランプ大統領:
手術後の妻の容態について語る。
01:58(mst)

ブリュッセルで、ユーロトロイカ外相、モゲレニおよびザルフ会見へ。
01:45(mst)

イスラエル:
治安組織準備体制強化を実施。
01:15(mst)

ウズベキスタン大統領:
米国へはじめての訪問を開始。
01:12(mst)

「地図ではすでに認めている」:
フランスは、セバストーポリはロシア領と認めている。
01:09(mst)

イスラエル:
ガザ国境に唯一の貨物検問所を開く。
00:58(mst)

厳しい反応:
事件でガザのトルコ、米国およびイスラエルから大使を召喚。
00:58(mst)

ルカシェンコ:
タジクスタン訪問時にラフモンとの協議を実施へ。
00:45(mst)

ニカラグァ:
情勢の正常化に関する国民的対話始まる。
00:21(mst)

リガ:
100歳のドライバー、事故に遭遇。
00:18(mst)

英国:
国境を守るためのイスラエルの権利支援を断念せず。
00:16(mst)

ベネゼラ:
ガザ地区における暴力を非難。
23:51(mst)

イラクのシーア派指導者:
大統領選挙で第一位を占める。
23:33(mst)

スペイン:
ガザ地区における武力の比例行使をイスラエルにたいし求める。
23:30(mst)

アラブ首長国連邦:
ガザで負傷したパレスチナ人にたいし500万ドルを拠出。
23:08(mst)

イスラエルおよびトルコのヨルダン、米国大使館:
安全対策を強化。
23:04(mst)

トルコ:
ガザ地区の事件を悼み、喪を三日間の発表。
22:54(mst)

EU大使:
米国は、対イラン核合意の真剣な代替案を提案せず。
22:40(mst)

イスラエル議会:
これから一週間は、イスラエルにとって決定的なものになるとみている。
22:29(mst)

フランス文化省:
セバストーポリの帰属(ウクライナ)に関するこれまでの立場を見直し。
22:21(mst)

エルサレムへの米国大使館移転に反対する抗議時に、パレスチナ人55人死亡。
22:13(mst)

国連安保理:
火曜日、ガザ地区情勢について審議へ。
22:06(mst)

EU大使:
対イラン合意からの米国の離脱は、複雑な状況にEUを追いこんでいる。
22:03(mst)

イスラエル外務省:
ガザで数十人のパレスチナ人を死亡させたとしてハマスを非難。
22:03(mst)

ガザ地区における激化は、和平解決に影響を与えるものではない。(ホワイトハウス)
22:00(mst)

南アフリカ共和国:
ガザにおける事件のためエルサレムから大使を召喚。
21:52(mst)

国連:
イスラエルにたいしパレスチナ人にたいする発砲を最大限抑制するよう求める。
21:42(mst)

ホワイトハウス:
米国大使館移転に反対する抗議行動時にパレスチナ人を死亡させたとしてハマスを非難。
21:36(mst)

フタンス:
ガザ地区における暴力を非難。
21:33(mst)

リャブコフ:
イラン核プログラム合意の実施についてEU大使と協議。
21:27(mst)

米政権:
イエーメンに対する戦略を準備。
21:24(mst)

ロシア司法省:
ロシア国内における人権情勢批判に回答。
21:19(mst)

ドイツ:
ガザ地区におけるイスラエルの武力行使は比例するものではないと指摘。
21:10(mst)

イタリアの「リガ」と「53」いまのところ、共通の綱領について合意できず。
21:06(mst)

米国:
イラン問題にたいし、ドイツ、英国、フランスと緊密な協力を期待。
21:05(mst)

イスタンブール:
ガザでのイスラエルの対応に反対する数千人の抗議行動始まる。
20:56(mst)

従姉妹は、スクリパルの(従姉妹の夫)英国ビザを再び拒否された。
20:54(mst)

ネタニヤフ首相:
ガザにおけるイスラエル軍の行動は、自国防衛であると指摘。
20:54(mst)

サウジアラビア、カタールおよびバーレーン:
パレスチナ人の殺害を非難。
20:47(mst)

アッバス議長:
パレスチナ人数十人の死を悼み、三日間の喪を発表。
20:30(mst)
  1. 2018/05/15(火) 10:02:12|
  2. ①原文語順読み: 露語 国際ニュース

プロフィール

Zac_Nakano

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索