Lunguage Plaza 外国語語順訳散策

散策路三本:①露語国際時事ニュース見出し ②倭人伝語順読法─女王国への道;③江戸東京街道散策路

2018年5月9日ロシアメディア国際関係フラッシュニュース

2018年5月9日ロシアメディア国際関係フラッシュニュース
参考訳⇒http://zacfc2.blog20.fc2.com/blog-entry-9328.html
│ ↓↓↓ 完全語順訳テキスト(露和対訳・マクロ使用)↓↓↓
│⇒http://zacfc2.blog20.fc2.com/blog-entry-9327.html
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ルカシェンコ:
ナチズムに対するソ連国民の勝利への貢献を高く評価。
14:33(mst)

プーチン大統領:
イラン核プログラムを巡る情勢について安全保障理事会と協議。
14:30(mst)

ルカシェンコ大統領:
ベラルーシ経済を軍事化する意向はないと述べる。
14:26(mst)

イランは、核合意に基づき自らの義務を履行している。(IAEA)
14:16(mst)

イラン最高指導者:
トランプ大統領は何回となく嘘をついているとして非難。
14:05(mst)

ロシアは、ソールスベリー事件にかかわっていない.(ナルィシキン情報局長官)
13:48(mst)

対イラン核合意からの米国の離脱は、いまのところロシアの手に委ねられている。(エキスパート)
13:38(mst)

ドイツ:
イランにたいし核合意を堅持するよう求める。
13:17(mst)

ドイツ:
対イラン核合意の維持を主張。
13:15(mst)

ルカシェンコ:
プーチン大統領と会見を予定していると語る。
13:02(mst)

ドイツ外務省:
対イラン核合意から米国離脱のリスクについて指摘。
13:01(mst)

ロシア上院筋:
「不死の連隊」に関するポロシェンコの発言は人の道にもとるものであると指摘。
12:53(mst)

アルメニア外務省:
パシニャン政権下でも対外政策路線の維持に期待。
12:49(mst)

中國:
演習で第5世代の最新型戦闘機を実験。
12:47(mst)

ドイツ:
対イラン核合意から離脱するとする米国の決定は受け入れられないと指摘。
12:42(mst)

米国は、対イラン核合意からの離脱によって敗北している。(エルドアン大統領)
10:42(mst)

中國:
イランに対する一方的な制裁に反対。
10:41(mst)

国連安保理:
近く行われる会議でイランを巡る情勢について協議へ。
10:31(mst)

中國:
対イラン核合意からの米国の離脱にたいし遺憾の意を表明。
10:29(mst)

プーチン大統領:
ロシアは国際的対話にたいしてオープンであると述べる。
10:25(mst)

米国は、ウクライナへのクリミアの返還を「予見」。
10:14(mst)

韓国大統領:
日本と北朝鮮にたいし対話に入るよう求める。
10:07(mst)

アルメニア:
ロシアとの関係構図は変更せず:
今回の投票実施前に、パシニャンは、アルメニアの内外政策について自らの計画を発表していた。
同氏は、ロシアとの関係は、同盟関係であり、優先的関係のままとどまると述べていた。
両国の関係は、友好、平等および問題解決の準備をベースにして構築されなくてはならない。
またロシアとの軍事協力は、アルメニアの安全保障を確保するために重要なファクターである。

ウクライナ過激派:
キエフの「ロシア協力公団」代表部所長を襲撃。
09:38(mst)

ロシア下院:
対イラン核合意からの米国の離脱は、挑発行為であると指摘。
09:33(mst)

フランス外相:
米国が対イラン核合意から離脱したことに遺憾の意。
09:29(mst)

北京:
「不死の連隊」行動開催。
09:25(mst)

イラン政治家:
トランプ大統領の知的能力についてコメント。
09:13(mst)

バクー:
戦勝記念日を記念してお祭り式典挙行。
09:10(mst)

キルギス大統領:
初めて、「不死の連隊」行進に参加。
07:51(mst)

アラブ首長国連邦:
米国の対イラン核合意離脱決定を支持。
07:03(mst)

日本、中國および韓国、北朝鮮に対する国連安保理決議を支持。
06:45(mst)

イタリア:
対イラン核合意維持を主張。
06:14(mst)

エキスパート:
欧州が対イラン合意の見直しに協調する理由について語る。
05:58(mst)

ボルトン:
EUがイランに対する制裁を復活することを期待。
05:47(mst)

東京:
日本、中國および韓国の高官レベル協議開催。
05:31(mst)

日本:
米国が、対イラン核合意から離脱を決定したことに遺憾の意。
05:25(mst)

イランに対する新たな制裁導入は、困難になるであろう。(クリントン警告)
05:22(mst)

中國国務院首相:
首相に再任されたメドベージェフを祝福。
05:16(mst)

ポンペオ国務長官:
トランプ大統領と金正恩との会見日程を定めるため北朝鮮に到着。
04:41(mst)

ペンタゴン:
米国、フィンランドおよびスエーデンの協議テーマを提起
04:35(mst)

ボルカー:
ロシアは、バルチック諸国にたいし独立を返したように、クリミアを返すと述べる。
03:38(mst)

ポンペオ国務長官:
協議のため北朝鮮に到着。
03:26(mst)

ナザルバエフ:
アルメニア首相ポストに選出されたパシニャンを祝福。
03:23(mst)

上院委員会:
米国の選挙インフラにサイバー攻撃をかけているとしてロシアを非難。
02:39(mst)

ウクライナ:
ファシズムにたする勝利を自分のものにしているとロシアを非難。
02:26(mst)

CIA元職員にたいし、機密情報を中國のために収集したとして告発
02:23(mst)

エジプト:
イラン情勢解決のためアラブ諸国の参加を主張。
02:14(mst)

米国:
南オセチアとグルジアの国境検問所の閉鎖を懸念。
02:12(mst)

米国:
上院が「ロシアの介入」に関する調査を終了する日程を確認。
02:09(mst)

イスラエル:
プーチン大統領とネタニヤフ首相会談の主要テーマを指摘。
01:58(mst)

米国:
パシニャン首相と一緒に仕事をする用意があることを表明。
01:55(mst)

米国、スエーデン、フィンランド:軍事協力を深めてゆく意向。
01:54(mst)

米海軍:
空中輸送手段の検査を実施へ。
01:52(mst)

米国:
ボーイングおよびエアーバス社のイランに対する定期便納入に対するライセンス回収へ。
01:43(mst)

サウジアラビア:
イランの「敵対政策」中立化を継続へ。
01:36(mst)

イスラエル:
イランの核プロジェクトに関する諜報情報の内容を理解してもらうためロシアを手助け。
01:23(mst)

ハスペル:
CIA長官ポストの上院による承認の第一段階を通過へ。
01:18(mst)

イスラエル:
対イラン核合意当事国にたいし求める。合意を断念するよう
01:15(mst)

トルコ:
対イラン核合意からの米国の離脱についてコメント(不安を招く行為と)。
01:05(mst)

日本、中國、韓国:高官レベルでの協議を実施へ。
00:58(mst)

イスラエル:
米国のイラン核合意からの離脱を支持。
00:45(mst)

在ウィーン常任代表:
ロシアはイランに関して、米国と協力する用意があると述べる。
00:43(mst)

プシコフ:
核合意からの米国の離脱は、イランとの戦争への一歩であると指摘。
00:40(mst)

在ウィーン常任代表:
核不拡散体制に対する攻撃であると語る(米国の核合意離脱)。
00:28(mst)

在ウィーン常任代表:
核合意からの米国離脱に対するイランの対応は、賢明であると指摘。
00:20(mst)

プーチン大統領:
ネタニヤフ首相と協議を実施へ。
00:17(mst)

イラン外務省:
米国抜きの包括的共同作業計画の今後の見通しについて分析。
23:13(mst)

「欧州トロイカ」:
イランにたいし米国の決定にたいし報復は自制するよう求めた。
23:07(mst)

ダマスカス:
対イラン核合意からの米国の離脱を非難。
22:56(mst)

ロシア外務省:
対イラン核合意からの米国の離脱を非難。
22:56(mst)

サウジアラビア:
対イラン核合意から離脱するとするトランプの決定を支持。
22:53(mst)

イスラエル;欧州にたいし、イランに対する制裁に合流するよう求める。
22:52(mst)

米国:
11月5日までにイランとの協力に対して、第二次制裁を復活へ。
22:51(mst)

トランプ大統領は、次から次に、戦争の崖っぷちに世界を立たせている。(コサチョフ)
22:48(mst)

スルーツキー:
対イラン核合意からの離脱に関する米国の決定は破壊的行為であると指摘。
22:48(mst)

ロシア:
包括的共同作業計画からの米国の離脱に失望。(国連付き副常任大使)
22:44(mst)

EUは、EUの利益をもとにイランとの合意達成に向けて行動する。(モゲレニ)
22:40(mst)

オバマ元大統領:
包括的共同作業計画から離脱するとのトランプの決定は間違いであると指摘。
22:37(mst)

モゲレニ:
核合意の条件を遵守するようイランにたいし求める。
22:37(mst)

プーチン大統領とアルメニア首相:
電話会談を実施。
22:36(mst)

イラン:
ウランの工業濃縮を再開準備へ。(ロウハニ大統領)
22:31(mst)

ロウハニ大統領:
米国の合意からの離脱がイラン経済に及ぼす影響について分析。
22:26(mst)

対イラン核合意からの米国の離脱は、国連決議に対する乱暴な違反である。(スルーツキー)
22:25(mst)

ロウハニ大統領:
包括的共同作業計画の残留加盟国と協議を実施するようイラン外務省にたいし指示。
22:24(mst)

包括的共同作業計画からの米国の離脱は、平壌に明確なシグナルを送るものである。
(トランプ大統領補佐官)
22:21(mst)

  1. 2018/05/09(水) 10:09:26|
  2. ①原文語順読み: 露語 国際ニュース

プロフィール

Zac_Nakano

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索