Lunguage Plaza 外国語語順訳散策

散策路三本:①露語国際時事ニュース見出し ②倭人伝語順読法─女王国への道;③江戸東京街道散策路

2018年4月30日ロシアメディア国際関係フラッシュニュース

2018年4月30日ロシアメディア国際関係フラッシュニュース
参考訳⇒http://zacfc2.blog20.fc2.com/blog-entry-9310.html
│ ↓↓↓ 完全語順訳テキスト(露和対訳・マクロ使用)↓↓↓
│⇒http://zacfc2.blog20.fc2.com/blog-entry-9309.html
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ウズベキスタンとトルコ:
犯罪撲滅文書に調印。
16:11(mst)

一部イギリス国民は、ロシアにたいし狂いじみた英指導者の発言を謝罪(大使館への書簡)。
16:06(mst)

イラン:
核合意の問題ではトランプ大統領の分別に期待。
16:04(mst)

マクロン大統領:
中東問題解決にたいしてはロシアの支援に期待。
15:58(mst)

ミンスク:
高精度対戦車兵器を開発。
15:46(mst)

パシニャン:
与党に対しアルメニア発展のため支援を求める。
15:32(mst)

フランス、ドイツ、英国および韓国:
北朝鮮にたいする制裁強化を求める。
15:18(mst)

イラン:
米国にたいし中東から退去するよう求める。
15:07(mst)

オデッサ臨港工場:
ガス供給中止のため操業を停止。
14:46(mst)

抗議デモ指導者:
米国務省補佐官とアルメニア情勢について協議。
14:11(mst)

カブールの爆発テロで、ルーマニア兵士8人負傷。
14:10(mst)

プーチン大統領:
マクロンと電話会談を行う。
13:51(mst)

英国新内相任命
12:43(mst)

アフガニスタン南部の爆発テロで、小学生11人死亡。
12:24(mst)

癌にかかっているマッケイン:
娘婿に自分の娘の世話をしてくれるよう頼む。
11:06(mst)

イラン:
中東情勢を不安定化させているとする米国の非難を否定。
11:04(mst)

「イスラム国」:
カブールの爆発テロにたいし自らの関与を認める。
10:50(mst)

カブールで起きた爆発で死亡した人の数は、25人に増加;さらにおよそ50人負傷
10:15(mst)

ベラ・サフチェンコ:
彼女の妹の体調はよくないと伝える。
10:13(mst)

パシニャン:
アルメニア首相ポスト候補に擁立される。
09:44(mst)

オーストラリア:
諜報機関の新たな職務に関する情報漏洩の可能性について調査。
08:47(mst)

カブールの爆発事件時にフランス通信・カメラマン死亡。
08:45(mst)

欧州議会:
EUのジャーナリストに対する圧力および脅迫に関する報告書について協議へ。
07:34(mst)

中國:
山崩れのため三人死亡。
07:04(mst)

韓国国民の大半は、北朝鮮の約束を信用。(世論調査)
06:18(mst)

ラトビア:
欧州議会にたいしナチズムの英雄化にたいし制裁を導入するよう提案。
06:16(mst)

韓国:
北朝鮮にたいするプロパガンダのためのスピーカーを解体。
05:38(mst)

米国と韓国の両国防首脳:
北朝鮮との合意について協議。
05:24(mst)

中國外相:
北朝鮮訪問へ。
05:09(mst)

サウジアラビア後継皇太子:
パレスチナ指導部を批判。(マスコミ)
04:59(mst)

EU:
ポーランドおよびハンガリーにたいする融資削減を容認。(マスコミ)
04:30(mst)

シリア:
シリア軍基地にたいし新たなミサイル攻撃があったと発表。(どこからかは不明)
03:44(mst)

北朝鮮:
韓国と統一時間帯へ移行。
03:26(mst)

エストニア外相:
ロシアにたいしどのように対決するかについて語る。
03:10(mst)

エキスパート(ロシア):
チェルノブイリは「地上の楽園」化していると指摘。(放射能の危険はない)
01:15(mst)

マスコミ:
英国内相の辞任を発表。
00:36(mst)

トランプとネタニヤフ:
イランによる「不安定化させている行動」について電話で協議。
23:51(mst)

サルキシャン:
アルメニア内政路線変更の可能性についてコメント。
22:36(mst)

マスコミ:
トランプとマクロンによって植樹されたかしの木が行方不明になった原因について報道。
22:29(mst)

元ドイツ外相:
欧州がロシアから学ぶべき事柄について語る。
21:29(mst)

米国務省:
イラン・核プログラムに関する「欧州トロイカ(仏・独・英)」の決定についてコメント。
21:22(mst)

エレバン:
ロシア人、武装勢力側に入ってシリア国内の戦闘に参加していた容疑で告発される。
21:15(mst)

マクロンとロウハニ:
イランに関する今後の合意について協議。
20:57(mst)

‍ザハロワ正式スポークスマン:
英ジャーナリストの下司根性の質問について語る。
20:43(mst)

ザハロワ:
米国は納付金230万ドルを国連に支払っていないとヘイリーに指摘。
20:27(mst)

モスクワとエレバンとの関係は、今後も発展し、深まる。(パシニャン)
19:32(mst)

ロシア大使館:
「ロシア・ボット」に関するサンデー・タイムズの記事は、馬鹿げていると指摘。
19:21(mst)

プシコフ:
イランに関する「欧州トロイカ」の立場についてコメント。
19:21(mst)

ザハーロワ:
イェーメン国内情勢は最大限の人道的破局を迎えていると指摘。
18:52(mst)

ロシアには、スクリパル事件について話すべき事柄がある。(ザハロワ)
18:40(mst)

ザハロワ:
「スクリパル事件」を必要とした目的について語る。
18:34(mst)

ポンペオ:
米国は、中東地域において支配権を握ろうとするイランの野心について懸念。
18:20(mst)

ロシア:
米国内の外交施設案件について裁判に訴える用意。
18:17(mst)

「戦争の犠牲者」:
女性弁護士、イラク国内のロシア人に対する判決に反論。
18:10(mst)

ロシアは、米国の外交施設にたいし家宅捜索は実施せず。
17:48(mst)

ポンペオ:
対イラン合意はイランに核兵器がないことを保証するものではない。
17:31(mst)

ジェレズニャク:
ロシアとタジクスタンとの間の協力を評価。
17:08(mst)

有難う」:
「プーチン大統領!イギリス人グループ、シリア国内におけるロシアの政策を支持。
16:44(mst)

ポンペオ:
金正恩との会見目的について語る。
16:19(mst)

メルケル、マクロンおよびメイ:
イランに関する追加合意について協議する用意があると表明。
16:31(mst)

ポンペオ:
金正恩との会見目的について語る。
16:19(mst)

メルケル、マクロンおよびメイ:
米国側からの経済措置にたいし対抗する用意。
16:07(mst)

  1. 2018/04/30(月) 10:01:44|
  2. ①原文語順読み: 露語 国際ニュース

プロフィール

Zac_Nakano

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索