FC2ブログ

Lunguage Plaza 外国語語順訳散策

散策路三本:①露語国際時事ニュース見出し ②倭人伝語順読法─女王国への道;③江戸東京街道散策路

2018年4月5日ロシアメディア国際関係フラッシュニュース

2018年4月5日ロシアメディア国際関係フラッシュニュース
参考訳⇒http://zacfc2.blog20.fc2.com/blog-entry-9262.html
│ ↑↑↑ 「HOME」「改行」キー援用完全語順訳テキスト↑↑↑
│語順訳(↓:改行、←:HOMEキーまたは「空白」キー、↑:上改行へ、→:ENDキー)
│⇒http://zacfc2.blog20.fc2.com/blog-entry-9261.html
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

在ロンドン・ロシア大使館は、グルシコフの死亡に関する調査にアクセスできず。
16-13

在ロンドン大使:
スクリパルの姪と面会する移行。
16-13

上海協力機構諸国:
この一年でテロリスト900人以上の国際手配を発表。
16-11

ユーリヤ・スクリパル:
自らの容態が改善していると述べる。
16-10

ロシア大使:
英国の非難は、まったく根拠がないものであると指摘。
16-05

在ロンドン・ロシア大使:
英国がスクリパルの姪のためにビザを発行することを期待。
15-41

ロシア大使は、スクリパル事件に関する証拠を英国は持っていないと述べる。
15-36

ラボウロフ外相:
「スクリパル事件」に関する回答を化学兵器禁止機構および英国から受け取ることを期待。
15-34

ロシアとフランスの両上院議員団:
両国間の関係が冷却した原因について指摘。
15-26

モスクワ:
ロンドンにたいしスクリパル事件に関する化学兵器禁止機構の報告書へのアクセスをオープンにするよう求める。
15-20

ラブロフ外相:
スクリパル事件を巡る情勢は国際的安全保障に対する脅威であると指摘。
15-18

ドイツ政治家:
英国は、「マフィア型の国家」であると指摘。
15-07

ペキンは、安全保障確保に対する平壌の要求は、合理的であると受け止め。
15-00

国際問題は、ロシア抜きで解決することは不可能である。
(フランス上院議員)
14-59

米国:
生徒、透明のリュックサック着用要求に反対を表明。
12-52

マスコミ:
韓国内で墜落した飛行機のパイロットは死亡した模様と報道。
12-40

ラトビアの行進で、ロシア語住民教育改革に反対する抗議。
12-38

パレスチナ:
国連にたいしガザ地区におけるイスラエルの攻撃について調査するよう求める。
12-36

プーチン大統領とロウハニ大統領:
イラン核プログラム合意からの離脱は望まないことについて協議。
12-30

フランスは、スクリパル事件に関するロシアの質問にたいし回答してきていない。
(ザハロワ報道官)
12-25

ロシア外務省:
米国にたいし朝鮮半島において軍事演習を中止するよう求める。
12-22

ロシアは、「ノルド」号船員の権利の擁護を継続する。
12-19

トルコ:
カルロフ大使殺害に関与した容疑者を逮捕。
12-13

ロシア外務省:
金正恩のロシア訪問に関する報道についてコメント。
12-13

ロシア外務省:
北朝鮮を巡る紛争解決に対するロシアと中国の計画の実現について語る。
12-10

ロシア外務省:
グルジアは、欧米の圧力を受けて、ロシア外交官を国外追放したと述べる。
12-10

中東は、「イスラム国」にたいし勝利した後でも、テロの脅威にさらされている。
(ザリフ外相)
11-53

モスクワは、トランプと金正恩との会見が5月の中旬に開催されることを期待。
11-50

「ノビチョク」の製造場所を確定することなど不可能である。
(専門家)
11-43

韓国:
墜落した戦闘機の破片を発見。
11-39

NATO:
バルチック地方におけるロシア海軍演習を注視。
(マスコミ)
11-38

ツィッターにロシア語版のエルドアン政権のページが登場。
11-23

イラン:
核合意に対する立場はロシアと一致していると強調。
11-12

核拡散防止条約調印国は、みずからの課題を遂行していない。
(モンゴル国防省)
11-06

マクマスター:
お別れスピーチでロシアに脅し。
10-23

ロシアと米国は、冷戦状態ではない。
(米国務省)
10-22

「ノルド号」船主:
赤十字に訴え出る予定。
10-18

ロシア外務省:
化学兵器禁止機構の枠組みの中でスクリパル事件に対する厳密な調査を主張。
10-04

モスクワ:
スクリパル事件に対する空疎な非難は受け入れず。
(ラブロフ)
10-02

国際赤十字:
積んだ人道支援物資トラック9台をドンバスに派遣。
09-52

韓国と米国:
米軍駐留費用の支払いについて話合いへ。
09-46

マスコミ:
韓国内で墜落した軍用機の詳細について報道。
09-44

キエフは、ミンスク合意の履行を怠っている。
(ラブロフ)
09-44

ラブロフ外相:
スクリパル事件は、国際的権利を嘲笑するものであると指摘。
09-42

ウクライナ:
プリドゥネストロフ火力発電所火災。
09-36

ロシアは今のところ、NATO付き常駐代表部所長の任命を予定していない。
09-34

韓国で軍用機墜落。
09-10

ポロシェンコの卑劣な手段:
ウクライナ国内でロシア人はどのように生き残るのか?
08-00

マドゥロ大統領:
ブラジル元大統領の事件に関する裁判所の判決は、不公正なものではないと受け止め。
07-49

プラハ研究所で、シアン化カリウムの漏洩事件発生。
07-33

オーストリア首相:
ロシア外交官の国外追放拒否について説明。
07-06

欧州は、イランとの核合意に関する米国の要求を遂行するつもりはない。
07-05

ブラジル最高裁判所メンバー:
元大統領の禁固刑を票決。
06-34

米国:
国旗ょ地帯における不法難民の逮捕件数は激増していると指摘。
05-49

ロシアにたいし、英国研究所の調査結果については通報していない。
05-31

タシケント:
アフガニスタンからの上海協力機構諸国にたいするテロとの対決について協議。
05-18

北朝鮮は、マスコミ:
寧辺施設内の原子炉運転を一時的に停止できている。
05-08

マスコミ:
北朝鮮高官は、EU指導部と協議を実施。「スクリパル事件」に関する
国連安保理会議実施日時が明らかになる
04-31

シエラ・レオネ大統領選挙では、反対派が勝利した。
04-09

マスコミ:
計画をしていると報道。米国はロシア人ビジネスマンにたいし制裁を導入する
03-09

ハッカー:
デルタ・エア^・ラインの多数の顧客の支払い情報を獲得。
02-49

ホワイトハウス:
期待。中国から貿易紛争における譲歩を
02-35

ジャーナリスト保護委員会:
要求。キエフにたいし、オランダから入った女性ジャーナリストのパスポートを返却するよう
02-30

メイ首相の書簡に対する審議:
ロシアは、|「スクリパル事件」に関する|国連安保理会議を招集へ。
02-19

サウジアラビア:
石油施設にたいし発射されたミサイルを迎撃。
02-15

米国:
アブハジアおよび南オセチア住民支援に関するグルジのイニシアチブを歓迎。
01-54

「スクリパル事件」:
ジョンソン外相:化学兵器禁止機構におけるロシアの提案は「馬鹿げていると」指摘。
01-43

エジプト:
マイクロバスとトラックの交通事故のため20人死亡。
01-33

メキシコ議員:
米国との協力にたいする部分的停止を求める。
01-22

「ノルド号の拘束」
船のキャプテン:捕虜収容所から病院へ搬送。
01-13

「スクリパル事件」:
化学兵器禁止機構、新たな調査に関するロシアの提案を拒否。
00-52

米国務省:
F-16戦闘機14機のスロバキアに対する売却を承認。
23-49

人権保護団体:
メキシコとの国境への米兵士派遣を非難。
23-27

NATOは、
ロシアとの絶縁を望んでいない。(ストルテンベルグ)
23-20

ネバダ州で、米空軍F-16戦闘機墜落。
23-17

英国とその同盟国は、化学兵器禁止機構におけるロシアの提案をブロック。
23-11

ホワイトハウス:
他国が、ロシア外交官の国外追放をほとんどしていないことに苦情。
23-05

スクリパルの姪:
ピザ店における叔父のオーダーを巡り「秘密のベール」がかかっていることに憤激。
22:54

サウジアラビアで最初の映画館、4月18日に営業を開始。
22-20

英内務省:
モスクワへのユーリー・スクリパルの帰還について話し合いせず。
22-15

欧米は、
捏造したスクリパル事件の調査を怖れている。(ロシア上院議員)
21-56

チェコ外務省:
ロシア大使の発言にたいし遺憾の意を表明。
21-54

ジョンソン外相:
ロシアは、化学兵器機構による調査の混乱を画策していると述べる。
21-13

ロシア、イラン、中国は、スクリパル事件に関する共同提案を化学兵器禁止機構に提起。
20-32

ミンスク協議の結果:
ドンバスにおける砲撃回数は減少している。
20-27

ウクライナ:
カダフィから資金をチモシェンコが受け取ったかどうかについて取り調べ。
20-18

インターネットで、レオニード・ブレジネフが乗っていた「チャイカ」が売りにだされている。
20-06

ジョンソン:
スクリパルの中毒事件にたいするロシアの関与を相変わらず主張。
20-04

スクリパルの姪は、英国から彼の娘を引き取りたいと述べる。
20-01

化学兵器禁止機構会議では、スクリパル事件にロシアと英国を寄せ付けず。
19-59

キエフにたいするIMFからの新たなトランシェは、ほとんど可能性はない。(ウクライナ国立銀行)
19-54

米国は、スクリパルに使用された物質はロシア国内で開発されたものであると確信。
19-48

ロシア国内には、37人のウクライナ外交官が仕事で残っている。
19-41

スクリパルの姪は、在ロンドンのロシア大使と連絡は維持していると述べた。
19-29
  1. 2018/04/05(木) 09:34:12|
  2. ①原文語順読み: 露語 国際ニュース

プロフィール

Zac_Nakano

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索